fc2ブログ

共用廊下の使い方

2010年09月07日 10:58

staff hamana

集合住宅の共用廊下といえば何を思い浮かべるでしょうか?
特に何も・・・といったところが多数を占める事と思います。

ただ、桜上水PJを始め、コーポラティブハウスにおいては、少ない世帯間のコミュニティを形成する上で重要な役割を持っているようにも思います。
ただ各住戸に至る廊下としてだけではなく、何か付加価値を付けたい。そんな風に考えて計画しています。

IMG_2616_convert_20100907140716.jpg
まず一つは、共用廊下からの眺め。
桜上水PJでは、共用部に「ガーデンスケープ」を計画しているので、視覚的な楽しみがあります。
また、ワイヤーによるグリーンのスクリーン。
これら二つの緑の要素が四季の移ろいを感じさせてくれるのではないかと思います。

そしてそれらを眺める為、ちょっとした休憩に使えるようなベンチを考えています。

最後に、共用部に棚を設ける検討をしています。
IJMN住戸_convert_20100907133651

これは、設備シャフト(PS)を計画する際に生まれた空間です。
桜上水PJでは、水廻りの給水、排水関係のシャフトを共用部空間に出しています。
メンテナンスのしやすさに配慮し、この先リフォーム等考えられる際、次の計画の邪魔にならないようにという事から、そのようにしています。
今回は、その空間に+αの機能を与えたい、という思いで棚の計画をしているのですが、利用方法としては様々考えられます。
もちろん飾り棚として利用して頂く事が考えられます。
その他変わった使い方として、例えば家で読まなくなった本を、捨てる前に一度この棚に入れておく。
決められた期日が経てば処分、というように、捨てる前に一度皆さんに見ていただく、共有文庫のような使い方も面白いのではないかと思います。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)






    最新記事